筐体導入記→STAGE00 -夢と現実- 190926


STAGE 00 -夢と現実-
序章的なね...これに共感しくれたあなたとは気が合います。


ゲーセンに並ぶアーケード筐体、部屋に置きたくね?

出会ったのは幼稚園だか小学校1年だか...
プレハブの薄暗い中でブラウン管の明かりと電子音が鳴り響く、
当時で言うインベーダーハウス。

その頃はテーブル筐体と呼ばれる喫茶店のテーブルとしても使われている筐体。

その後は駄菓子屋に並ぶ、立ってプレイするスタイルのいわゆる駄菓子屋筐体。
オレンジ色が多かったのは何故だろうか。

そしてゲームセンターが明るくなってアミューズメントパークとか呼ばれるようになり、
OLがテトリスをプレイしている光景とか、高校生の自分には眩しかったな。
そのアミューズメントパークと呼ばれるようになったゲーセンに並んでいたのが、
アップライト筐体。

FAMICOMANIAというサイト名からしてコンシューマ機メインのサイトなんだけんども、
そもそもファミコンに心奪われた(正確には心打たれた)のはゲーセンからの移植作品だった。
代表的なのはゼビウス。自宅で100円(または50円)入れないで好きなだけプレイ出来ると。

幼少期に通ったアーケードゲームが根底にはあったりする。

ゲーセンに並ぶアーケード筐体、部屋に置きたい。

って昔っから思ってる。

大人になった今、SNSで自宅にアーケード筐体を並べてる方々を見たりする。

こんなん憧れる...と思ったが...どこか心の片隅で「自分には無理(無縁)な話」となってる。

2016年...カラーボックスを利用して、駄菓子屋筐体っぽいのを作る。



もぅこんなんで満足してた...縦画面なだけで満足度高し。
実は安定してなくてエキサイトなプレイすると壊れそうなほどグラグラ揺れる。
それでも縦画面でプレイするアーケード(本物)のシューティングは最高なのです。

2018年...友達MTRがゲームセンターを経営する。
他にもアーケード筐体を導入したいと相談を受け、いろいろ調べる。
(そりゃアーケード筐体に関わる事が出来るだけで嬉しいので。)

内地からここ沖縄に筐体を搬送するとなると送料がとんでもない!という事が判明。

軽く10万円以上...それ以前にあまり受け付けてもらえないらしい...。

沖縄のゲームセンター...どうやって導入してんだよ...???

東京や大阪で格安でアーケード筐体が買えたとしても、
ここに持って来るのに10万円以上かかるとか...
仮に無料でもらえたとしても最低でも10万円以上という...
沖縄でアーケード筐体を入手するのはかなりハードルの高い事だとわかる。

ゲーム機器のリース会社などに問い合わせるも、やはり中古筐体の扱いは無い。

しかも今はプライズ機などが主流でビデオゲーム筐体は殆ど無いらしい。

沖縄県内でアーケード筐体を入手するなんてもぅほぼほぼ不可能じゃね?

と、諦めモードで刻は過ぎていく...

2019年...沖縄のマニア友達NKMTさんからとんでもない情報が入る。

26年続いていた那覇の老舗ゲーセン...『ゲームインナハII』が閉店する。
そこでアーケード筐体を格安で引き取ってくれる方を探していると。

ゲーセンを経営してる友達MTRに即連絡。
情報料としては、後々、自分の家に置けたら置きたいので、
自分の分もまとめてそのゲーセンに置かせてもらえないかと。



ゲームインナハIIの閉店後の撤去作業を手伝いながら、



友達MTRとまとめて5台のアーケード筐体を引き取る。



ニューアストロシティ × 2台
ブラストシティ × 3台

トラック用意したり搬送とか結構大変でした。



でも沖縄...友達の友達とか辿っていくとどんな業種でもほぼほぼ辿り着く。

その他、コンパネやJAMMAハーネスやパネルやら、
一般的には入手困難ないろいろなアイテムもたくさん引き取らせて頂きました。

この時点で、自分の家には無いけど、
「アーケード筐体を所有している。」という事実だけで幸せ。

自宅に運びたいけど...自分の部屋は12畳の寝室メインの部屋の片隅の四畳半ほど。

更にこの家は売却されるとかもしれないとか...

まぁ、アーケード筐体が部屋にある生活はほど遠いな...と...この頃は思っていた。


ゲームインナハIIありがとうございました。
関係者の皆様ありがとうございました。


Go To Next STAGE

→ STAGE01 -そして価値観-


筐体導入記→STAGE00 -夢と現実- 190926