FAMICOMANIASoftz - Wrong Side - → DRAGON BALL Z 超武闘伝2(3) (FC))

 DRAGON BALL Z 超武闘伝2 (FC)

   


スーパーファミコン版からの勝手に移植です。
かなり良く出来ておりスーパーファミコンかと思う程です。(ゃゃ...ぃや...かなり誇張)

SFC版
DRAGON BALL Z
超武闘伝2
発売日:'93/12/17
メーカー:バンダイ
メディア:ROMカートリッジ
ジャンル:アクション
定価:9,800円(税別)

では、早速スーパーファミコン版の画面と比較。
左が勝手にファミコン版で、右がスーファミ版...って、もぅ書かなくてもイイかな?(^_^;)
この再現度っ!! 風で揺らぐ悟飯のマントもまんま同じ動きっ!!
対線モード選択。
スーファミ版ではこれを選んだ後にステージやハンデが選べます。
ファミコン版ではこの時点でゲームランクが選べます。
キャラ選択画面。
ファミコン版では悟空がいてボージャックがいなくなってます。
これは...ドラゴンボールをあまり知らない自分のような人の為か...
悟空は知ってるけどボージャックは知りません...。
それにしても8人も選べるし、この日本語表示とか凄いと思う。
流石に空中での対戦は無理だったみたい。(>_<)
勝手に砂浜描かれちゃってます。(笑)
砂漠なんかは綺麗に再現してます。
欲を言えば多重スクロールしてほしかったなぁ。
これが【天下一武道会】ステージっ!!
かなり頑張ってる描きこみ!!

オリジナルのスーファミ版で所々に入るデモはもちろん省かれていますが、
かなり再現してて良い出来だと思います。
操作性にも不満は無し。
欲をいえばオープニングデモが欲しかったなぁ。
とはいえ、一応だけど、エンディングがあります...これはこれで凄い。

そんなパチモノファミコンソフト“DRAGON BALL Z 超武闘伝2”ですが、
続編の“超武闘伝3”も出ています。


“超武闘伝2”の単なるキャラ書き換え(タイトル書き換え)でした。
IIIがなんか無理矢理だし...


対戦モード選択画面...悟空のグラフィックが追加されてます。
実はコレ、エンディングの一部の切り抜きです。

“超武闘伝3”は↑以外全部一緒です。(多分。)
完全にマニアのコレクトアイテムですね。

とにかくこのDRAGON BALL Zはかなり良い感じです。

原作をあまり知らない私でも充分に楽しめました。(^.^)/

今回はふれていませんが必殺技もあります。(そこまで解析プレイしてないので...汗;;)

[Next] → アラジン (FC)
[Prev] ← 魂斗羅スピリッツ (FC)
[Back] ↑ Softz - Wrong Side -

このサイト(ページ)は...

このサイト(ページ)はFAMICOMANIA内のコンテンツになります。
詳しくはトップページからご覧下さい。
閲覧Onlyであれば自由にお楽しみ下さい。
ありがとうございます。m(_ _)m
質問、意見、投稿、協力、お仕事の依頼、等々、色々お待ちしております。
その他規約等、トップページにありますのでよろしくお願い致します。
直接info@famicomania.netまででもどしどしお便り下さいませ。
ただし、あまりにも非常識なメールは無視させていただく場合もあります。
ご了承下さい。(熱い想いが伝わるメールはだいたい返信させていただいてますよ。)
殆どのメールには返信していますが、これが本職ではないので、
常時メールチェックしている訳ではないので、
メールを頂いて返信するには数日要する場合があります。ご了承下さい。

このページについて

アンオフィシャルなソフトのレビューや攻略法等、WebMaster KUBOKENがまとめてます。

今更感が強いですが...これは残しておかなければならない情報だらけかなと。

Wikiにもまとめられてないし。

こちらのレビューは1999年からの初期のFAMICOMANIAにて公開していた記事に加筆訂正を加えての公開と、
情報その他(つまりネタ)入手次第、追加更新していきます。

SiteMap (Link)