FAMICOMANIAHardz - Public Side - → Disk System (FC)

  Disk System (FC)
  ディスクシステム


ディスク書き換えが斬新だったファミコン用のディスクシステムです。


ファミコンの歴史をより深くしたこのディスクシステムは、
任天堂より1986年に定価15,000円で発売され大ヒット。

同時発売されたディスクのソフトは、
ベースボール、テニス、ゴルフ、サッカー、麻雀、スーパーマリオ
の6本+ディスクオリジナルの“ゼルダの伝説”でした。

ディスク1枚あれば、ショップの店頭で500円でゲームが書き換えられ、
なんとも経済的で画期的なシステムでした。
ショップの店頭からディスクライターが消えても、
任天堂各サービスセンターで書き換えサービスを行っていましたが、
2003年9月3日に書き換えサービスは完全終了しました。

ファミコン本体とは付属のRAMアダプタで接続します。

容量の小さいタイトルであれば片面で済むので、
ディスク1枚に2タイトルを収録するのも可能。

ただ、ゲーム中突然のロードや、
そのロード時間の長さでストレスは感じました…。

ディスクは当時下火になりつつあったクイックディスクを任天堂独自のディスク形状で使用。
当時の市場ではすぐに消え去るというメディアクイックディスクを使用すると共に、
独自形状にしたのは、完全なるコピー対策である。
しかし、外部拡張を使用したこのディスクシステムはファミコンの解析を容易にしてしまう…。

任天堂非公認のメーカーからアダルトソフトが発売されたり…。
(所詮ファミコンだけどさ…。)

メディアはクイックディスクをほんの少し加工すればディスク To ディスクのコピーも簡単らしい…。
このコピー技術が広まり下火になっていたクイックディスクが市場に復活したかどうかは謎…。


左から、任天堂イベント用青色ディスク、
通常の任天堂黄色ディスク、
任天堂非公認(海賊版)裏ディスク、
クイックディスク+金具の加工裏ディスク、
ハッカーインターナショナル(任天堂非公認メーカー)製ディスク…。


発売当時にはこんな企画も…。
今でこそネットワークも一般化していますがこの時代にこの企画も凄い…。
後に株のトレードで通信も可能になるのですが…。

今でも充分に遊べて画期的なディスクシステム。
ファミコンを語る上で欠かせない存在だと思います。

[Next] → ファミコン通信アダプタセット (FC)
[Prev] ← X-B∀ND (SFC)
[Back] ↑ Hardz - Public Side -

このサイト(ページ)は...

このサイト(ページ)はFAMICOMANIA内のコンテンツになります。
詳しくはトップページからご覧下さい。
閲覧Onlyであれば自由にお楽しみ下さい。
ありがとうございます。m(_ _)m
質問、意見、投稿、協力、お仕事の依頼、等々、色々お待ちしております。
その他規約等、トップページにありますのでよろしくお願い致します。
直接info@famicomania.netまででもどしどしお便り下さいませ。
ただし、あまりにも非常識なメールは無視させていただく場合もあります。
ご了承下さい。(熱い想いが伝わるメールはだいたい返信させていただいてますよ。)
殆どのメールには返信していますが、これが本職ではないので、
常時メールチェックしている訳ではないので、
メールを頂いて返信するには数日要する場合があります。ご了承下さい。

このページについて

オフィシャルなゲーム機本体や周辺機器のレビューをWebMaster KUBOKENがまとめてます。

ただねぇ...今更感が...強いですよねぇ。

今だとWikiもありますし...

という訳でこちらのレビューは1999年からの初期のFAMICOMANIAにて公開していた記事ほぼそのままで公開させていただきます。
※今読んでおかしい箇所等、軽い加筆訂正はしています。

詳しくはWikiの方を見た方がよっぽど細かく詳しく公開されてんじゃないかな。

こっちはもぅ自分の意見や思い入れなレビュー...読んでいただけたらありがとうございます。

SiteMap (Link)