FAMICOMANIAHardz - Public Side - → Family Computer

  Family Computer
  ファミリーコンピュータ
  ファミコン / FC


今や知らない人は知らないであろう名機。
いや・・・プレステ世代からの子供は知らないかもしれない・・・q(-o-)pハァ~

1983年7月15日に任天堂から発売された家庭用TVゲーム機である。

この発売の年を見て「俺(私)も歳をとったもんだなぁ…。」と思った人は多い…筈。

ちなみに定価14,800円でした。

全国的に売れまくり、もはや一家に一台というまで普及した家庭用TVゲーム機である。

TVゲームの代名詞にもなっている位である。

1984年7月28日。
ファミコン発売からおよそ1年後に初のサードパーティソフト、
“ナッツ&ミルク”"(HUDSON)が発売。
その後、同社製“ロードランナー”が大ヒット。
サードパーティが増え、世の中は一気にファミコンブームとなる。

ライバル機種が少なかった事もあり、
1千万本も売れた“スーパーマリオブラーズ”…。
これを超える化け物ソフトは今後現れるかどうか…。

ここまでは任天堂の独占状態だったが、
他メーカーも指をくわえて見てる訳では無く、
相次ぐファミコン以上の性能を持ったマシンの発売により、
任天堂は“スーパーファミコン”へとシフトして行く…。

しかし、天下の任天堂。
スーパーファミコン発売後にもファミコンソフトをリリース。
本体もデザインを一新させAV出力を可能にした“ニューファミコン”を1993年12月に発売。
グッと値下げして定価7,400円でした。

8BitながらもTVゲームの根本にある基本的なゲーム性はこの時代に既に確立されたと思う。

今でも夢中になってプレイ出来るゲームは多い。

言うまでもないが現在でもKUBOKEN的に稼動率No1のマシンだ。
…このサイトに来てる人の少なくとも50%はそうだと思うが。(勝手な希望)

まだ押し入れに眠っているという方、
掃除がてらに出してみて思い出を振り返りながら是非ともプレイしてみて欲しい。

あの頃の思い出と共に…そしてそこには、
当時見えなかったモノが見えて来る…と…思う。




[Next] → SUPER FAMICOM - スーパーファミコン
[Back] ↑ Hardz - Public Side -

このサイト(ページ)は...

このサイト(ページ)はFAMICOMANIA内の1コンテンツになります。
詳しくはトップページからご覧下さい。
閲覧Onlyであれば自由にお楽しみ下さい。
ありがとうございます。m(_ _)m
質問、意見、投稿、協力、お仕事の依頼、等々、色々お待ちしております。
その他規約等、トップページにありますのでよろしくお願い致します。
直接info@famicomania.netまででもどしどしお便り下さいませ。
ただし、あまりにも非常識なメールは無視させていただく場合もあります。
ご了承下さい。(常識無くても熱い想いが伝わるメールは返信させていただいてますよ。)
殆どのメールには返信していますが、これが本職ではない(当然...これのどこで稼げるか?)ので、
常時メールチェックしている訳ではないので、
メールを頂いて返信するには数日要する場合があります。ご了承下さい。

このページについて

オフィシャルなゲーム機本体や周辺機器のレビューをWebMaster KUBOKENがまとめてます。

ただねぇ...今更感が...強いですよねぇ。

今だとWikiもありますし...

という訳でこちらのレビューは1999年からの初期のFAMICOMANIAにて公開していた記事ほぼそのままで公開させていただきます。
※今読んでおかしい箇所等、軽い加筆訂正はしています。

詳しくはWikiの方を見た方がよっぽど細かく詳しく公開されてんじゃないかな。

こっちはもぅ自分の意見や思い入れなレビュー...読んでいただけたらありがとうございます。

SiteMap (Link)


Top Page

├■Hardz
││
│├Public Side
││
│├Wrong Side
││
│└Reconstruction

├■Softz
││
│├Pubric Side
││
│├Wrong Side
││
│└FAMICOMANIA-X

├■Web Event
││
│└MANIAC MANSION

├■Collector's Archives
││
│├Key Chain Game Collection
││
│└Special Web Prezent

├■Columz

├■Sell or Trade

├■About
││
│├About FAMICOMANIA
││
│└About KUBOKEN

└■News 過去ログ