FAMICOMANIAHardz - Reconstraction - → 旧赤白ファミコンAV出力化改造

  旧赤白ファミコンAV出力化改造


AV仕様のニューファミコンとか買えば問題解決なんだけど、
新しく買うのも何だか…今のファミコンまだ壊れて無いし…。

やっぱり当時の赤白ファミコンで遊びたい…。

ニューファミコン使ってるけど、
まだとってある昔のファミコンをセカンドマシンとして使いたい…。

ニューファミコンってマイク付いてねーじゃん!!

そんな…状況にピッタリな改造です。(そうか?)

今まで数ある資料をイロイロ見たのですがどれもビデオアンプを必要とする内容で、
ちょっと戸惑っていたのですが、一番簡単に出来る方法を紹介しているサイトがありました。
感電自作マニュアル
『実用・電子工作』のページに回路図+説明、共に詳しく公開されています。
管理人さんに許可を頂き、ファミコンに特化してこちらに公開させて頂いております。

ちょっとした電子工作の経験がある方なら簡単に出来ちゃいます。

まずは必要な部品を揃えましょう。

参考画像
部品
個数
備考
トランジスタ 2SC1815
1
1815ならば何でも大丈夫です。
多分(^^;)
抵抗 22KΩ
2
もちろんチップ抵抗でも構いません。
けど自分はチップ抵抗嫌い。(^^;)
電解コンデンサ 0.47μF
1
-

たったこれだけです。(^o^)
早速、秋葉原や日本橋の電子部品店で揃えましょう。
そんなに苦労しないで簡単に揃う筈です。
あとはビデオケーブルか、RCA端子があればオッケーです。

回路図はこんな感じで、↓わかりやすく。

早速、画像を参考にハンダ付け。


こんな感じです。


あとは各信号とGNDにリード線をハンダ付け。
ビデオ信号のハンダ付け部分の下に基板上のハンダが来ていたので、
後から念の為、絶縁シートを挟みました。(^^;)

そして仕上げのビデオケーブルへの接続ですが、
私の場合はファミコン改造で有名なみずやんさんの改造を参考に、
本体後方のコントローラケーブル取り出し口を利用してRCA端子をはめ込みました。


ビデオ信号からRCA端子にハンダ付け後、
コントローラ取り出し口にセット。
ビデオ信号のみ、やや太いリード線を使いました。


音声信号からRCA端子にハンダ付け後、
コントローラ取り出し口にセット。

直接ビデオケーブルを出しても良いと思います。
で、コントローラはどこから?
これまたみずやんさんの改造を参考に、
本体前面を削り、コントローラを排出しました。


こうすると、ケーブルも少し長くなって良い感じ。
抜け防止にケーブルを中で結んだ方が良いでしょう。


最後に底板を元に戻せば完成ですが、 この時、各リード線の配置に充分配慮して下さい。
RCA端子を本体後方に配置すると、
どうしてもリード線がカセット取り出し用のスライドパーツと干渉する可能性が高いです。
仮組してカセット取り出しのスライドが固いようならば、
干渉しないように上手くリード線を配置して下さい。

そんな訳で旧赤白ファミコンでプレイするとやっぱり当時の思い出がひしひしと…。
当然IIコンマイクも使えるので、とりあえず最強ではないでしょうか?
(そりゃツインファミコンにはかないませんが…。)

超お手軽で超実用性の高い改造で超オススメです。
(超3段活用)

Have a good FAMICOM life!
それでは、良きファミコンライフを!!


尚、失敗して壊れたとか怪我したとか、
この記事を参考にして起こった事故・損害については、
当方では一切責任を負いません。
自己責任において実施して下さい。

また、この改造が出来ない本体のバージョンもあるかもしれません。
その点はご了承下さい。↑後期基盤での改造法、公開しました。


[Next] → 旧赤白ファミコンAV出力化改造 その2 後期基盤での改造
[Prev] ← スーパーファミコン ビデオ端子直出力改造
[Back] ↑ Hardz - Reconstraction -

このサイト(ページ)は...

このサイト(ページ)はFAMICOMANIA内のコンテンツになります。
詳しくはトップページからご覧下さい。
閲覧Onlyであれば自由にお楽しみ下さい。
ありがとうございます。m(_ _)m
質問、意見、投稿、協力、お仕事の依頼、等々、色々お待ちしております。
その他規約等、トップページにありますのでよろしくお願い致します。
直接info@famicomania.netまででもどしどしお便り下さいませ。
ただし、あまりにも非常識なメールは無視させていただく場合もあります。
ご了承下さい。(熱い想いが伝わるメールはだいたい返信させていただいてますよ。)
殆どのメールには返信していますが、これが本職ではないので、
常時メールチェックしている訳ではないので、
メールを頂いて返信するには数日要する場合があります。ご了承下さい。

このページについて

ハード系の改造や修理、自作パーツ等。

ゲームを楽しむ上で、
壊れたら自分で修理、
メーカーから与えられたそのままでは満足ならず自分なりにカスタマイズ、
無いモノは作れば良いだろ的な自作。

というかなりマニアックなコンテンツとなっております。

こちらも情報自体が古く、あまり実用的ではなくなってるネタも多々あります。

ただ、ピンアサイン等の資料、投稿作品など、残さなければならないコンテンツでもあります。

このコンテンツを参考に行った修理、改造、自作において起きました損害や事故など、
当方では一切保証いたしかねます。

あくまでも自己責任において実行して下さい。

SiteMap (Link)