FAMICOMANIAHardz - Reconstraction - → 旧赤白ファミコンAV出力化改造 その2 後期基盤での改造

  旧赤白ファミコンAV出力化改造
  その2 後期基盤での改造


前回のビデオ出力のAV仕様に改造の記事で、
基盤が違ってハンダ付けする所がわからない!
というメールを結構頂きまして...後期基盤での改造を紹介致します。

初期基盤の改造法の理論がわかれば簡単です。

用意する部品は初期基盤改造と全く同じ。

とりあえず必要な部品を揃えましょう。(前回と全く一緒です。)

参考画像
部品
個数
備考
トランジスタ 2SC1815
1
1815ならば何でも大丈夫です。
多分(^^;)
抵抗 22KΩ
2
もちろんチップ抵抗でも構いません。
けど自分はチップ抵抗嫌い。(^^;)
電解コンデンサ 0.47μF
1
-

たったこれだけです。(^o^)
早速、秋葉原や日本橋の電子部品店で揃えましょう。
そんなに苦労しないで簡単に揃う筈です。
あとはビデオケーブルか、RCA端子があればオッケーです。

ではファミコン本体をバラして基盤を取り出しましょう。

ビデオ出力の為にハンダ付けする箇所は、
基盤後方のRF出力及びACアダプタ接続部分と、
メイン基盤を繋いでる、


この部分です。

後期基盤はこのRF出力部分と、メイン基盤がガッチリ固定されています。
初期基盤はケーブルで繋がってて、
RF出力部分とメイン基盤がぷらんぷらんしてます。
ここが初期基盤と後期基盤の違うとこの特徴でもあります。

この後方部分に初期型基盤での改造法をあてはめると...


回路図で書くとこうなります。↓わかりやすく。(映像のみ)

画像を参考にハンダ付け。


こんな感じです...超空中配線ですが。
ビデオ出力のGNDは左側の青ケーブルを繋いでる所から取ってます。
GNDはどこで取っても構わないです。

ハンダ付けが終わったら配線がショートしてないかチェックしましょう。

後はVIDEO出力とGNDをRCA端子にハンダ付け。
これでVIDEO出力が可能になりました♪


とりあえず起動テスト。(かなり強引...)
わかっているとは思いますが、
基盤素っ裸で電源を入れるのは非常に危険です!
絶対にオススメしません!
(ん?自分がやっちゃってるので日本語変。)

そして音声出力です。
一番簡単なのは先ほどハンダ付けした場所の、
VIDEOとVccの間の部分がAUDIOです。


こことGNDで音声出力は完成。
初期基盤改造法での、 基盤前方(SOU)から取っても構いません。


後はケース加工してRCA端子を増設。
端子設置箇所や加工等はイロイロ工夫してみて下さい。
(個人的には前回の方法か内部スペースに余裕があるこの場所がベストかな。)


改造した部分がショートしないように気を付けて、
ケースに収めれば完成です。

Have a good FAMICOM life!
それでは、良きファミコンライフを!!


尚、失敗して壊れたとか怪我したとか、
この記事を参考にして起こった事故・損害については、
当方では一切責任を負いません。
自己責任において実施して下さい。


[Next] → ファミコン本体SFCコントローラコネクタ増設
[Prev] ← 旧赤白ファミコンAV出力化改造
[Back] ↑ Hardz - Reconstraction -

このサイト(ページ)は...

このサイト(ページ)はFAMICOMANIA内のコンテンツになります。
詳しくはトップページからご覧下さい。
閲覧Onlyであれば自由にお楽しみ下さい。
ありがとうございます。m(_ _)m
質問、意見、投稿、協力、お仕事の依頼、等々、色々お待ちしております。
その他規約等、トップページにありますのでよろしくお願い致します。
直接info@famicomania.netまででもどしどしお便り下さいませ。
ただし、あまりにも非常識なメールは無視させていただく場合もあります。
ご了承下さい。(熱い想いが伝わるメールはだいたい返信させていただいてますよ。)
殆どのメールには返信していますが、これが本職ではないので、
常時メールチェックしている訳ではないので、
メールを頂いて返信するには数日要する場合があります。ご了承下さい。

このページについて

ハード系の改造や修理、自作パーツ等。

ゲームを楽しむ上で、
壊れたら自分で修理、
メーカーから与えられたそのままでは満足ならず自分なりにカスタマイズ、
無いモノは作れば良いだろ的な自作。

というかなりマニアックなコンテンツとなっております。

こちらも情報自体が古く、あまり実用的ではなくなってるネタも多々あります。

ただ、ピンアサイン等の資料、投稿作品など、残さなければならないコンテンツでもあります。

このコンテンツを参考に行った修理、改造、自作において起きました損害や事故など、
当方では一切保証いたしかねます。

あくまでも自己責任において実行して下さい。

SiteMap (Link)