FAMICOMANIAHardz - Reconstraction - → FC外部拡張端子SFCコントローラ接続BOXの製作

  ファミコン外部拡張端子
   スーファミコントローラ接続BOXの製作


なんとも解り辛いタイトルですが...
FC外部拡張端子SFCコントローラ接続BOX...わかりやすくすると、
ファミコン外部拡張端子スーファミコントローラ接続BOX...です。
ファミコンの外部端子にスーファミの周辺機器を繋げて使用可能にする、
単なるコネクタ変換機です。(^^ゞ

今やファミコン用のジョイスティックとか周辺機器は入手困難な上、ちょい高め。
ならば今現在、種類的にも値段的にも好都合な、
スーファミのコントローラ類を使用すれば...という安直な考えからです。(^^ゞ

スーファミ用HORI製ファイティングスティックが気に行っているので、
それをファミコン用に改造しようかなと...そんな感じで調べてみたんだけど...

さすが任天堂...スーファミはファミコンの後継機種だというのが非常に良くわかりました。
ファミコンの互換性をも考えていたと思われます。
当時はスーファミでファミコンが遊べるファミコンアダプタまで予定に入ってましたからね。

で、製作に入りますが、必要な部品が多少計算違いでした...(+_+)
ファミコンの外部端子は、D-Sub15ピンなんですが...
通常のD-Sub15ピン(オス)を挿そうとすると...

長さが足りなくて接続不可能!!

...という訳で、ファミコンの外部端子に接続する周辺機器が一つ必要になります。(^^;)
壊れたHORIコマンダーとか、ハドソンスティックとかジョイボールとか...
その辺のケーブルを流用するしかないようです。(ーー;)

無い場合はD-Sub15ピン(オス)コネクタを分解して、改造(自作)して下さい。(^^;)
...不可能では無いと思います。

で、自分は転がってたHORIコマンダーを流用しました。
でもまだまだ現役で使えるモノだったので、それも活かそうというセコさから、
ケーブル差し換えにより使用可能な改造も施してあります。

という事情により改造は1ステップ多くなってます。
ご了承下さいませ。

あと、部品としてはスーファミコントローラ端子のメスのコネクタが必要になります。
これは壊れた本体から取ったりしても良いですが、
ハドソンのマルチタップとか比較的安価で入手出来るので、
それを分解→流用するのがオススメです。(^^ゞ

あとはリード線。
5色あるとわかりやすいです。

ファミコンとスーファミのコネクタのピンアサインさえ理解しちゃえば、
簡単にハンダ付けするだけで出来ちゃいます。


スーファミコントローラ コネクタ ピンアサイン


ファミコン外部拡張端子 ピンアサイン(コントローラ使用部分のみ)

ちょっと細かい(難しい?)話になりますが、
ファミコンのコントローラには4021というICを1基、 スーファミのコントローラは4021を2基使っています。
このICがコントローラの信号を送信しているのですが、
スーファミの信号はファミコンの信号に上乗せして、
XARLの4つのボタンの信号が増えただけです。
だからデータ信号をイジる事なく、
両コネクタにリード線で接続するだけで簡単に出来ちゃいます。
で、この簡単な改造で接続されたSFCコントローラは、
十字キー、セレクト、スタートはそのまま、
ファミコンのAボタンはスーファミのBボタン、
ファミコンのBボタンはスーファミのYボタンに対応します。
え? ABBY? と思った方はファミコンとスーファミのコントローラを見比べて下さい。
バッチリな配置だと思います。(^^ゞ

どうしてもファミコンのAボタンをスーファミのAボタン、
ファミコンのBボタンをスーファミのBボタンに割り当てたい方は、
4021のICチップに手を加えなければなりません...配線変更のが楽かも...。
不可能ではありませんが面倒なので今回はAボタン→Bボタン、Bボタン→Yボタンで行きます。(^^ゞ

後々、空いているXボタンとAボタンをAボタンとBボタンそれぞれの連射にしようかなと。

とりあえず今回は連射無しなので単純に両コネクタにリード線をハンダ付けするだけ。


単純ですね。簡単ですね。
ただ、自分の場合はファミコンコネクタケーブルを流用した、
HORIコマンダーも活かすべく、中間に更にD-Sub15ピン端子を咬ませてます。

ファミコン周辺機器のD-Sub15ピンコネクタ(オス)は、
通常のD-Sub15ピンコネクタ(メス)には接続可能な訳ですから、
単純に延長ケーブルとしても使用可能になります。(^^ゞ

組み上がってそのままだと、ハンダ部分が外れたりして断線すると思うので、
ケースに収めました。

あけたらこんな感じ。

で、これで完成です。
簡単です...オススメです。~[+ oo]\(^o^)/(+ 88)~

でも一つ問題が...外部端子に対応してないタイトルがあるという事...

という訳で次回はFC基板上のコントローラ端子から、
直にSFCコントローラコネクタに変換しようと思います。

それに加え、1P、2P...4PまでSFCコントローラを繋げられたり、
そんな改造をしようと思います。


最後に...
前回、旧セガ系コントローラ改造をアップしましたが、
コントローラ信号の転送方式にもの凄い技術の差を感じました。
ファミコンは現行の機種と変わらない信号転送で、
当時から完成された凄いハードだったんですね。



尚、失敗して壊れたとか怪我したとか、
この記事を参考にして起こった事故・損害については、
当方では一切責任を負いません。
自己責任において実施して下さい。


[Next] → 旧SEGA SG系 JOYPADの製作《番外編》米本 実氏による投稿作品
[Prev] ← スーファミ用ビーマニコントローラの製作
[Back] ↑ Hardz - Reconstraction -

このサイト(ページ)は...

このサイト(ページ)はFAMICOMANIA内のコンテンツになります。
詳しくはトップページからご覧下さい。
閲覧Onlyであれば自由にお楽しみ下さい。
ありがとうございます。m(_ _)m
質問、意見、投稿、協力、お仕事の依頼、等々、色々お待ちしております。
その他規約等、トップページにありますのでよろしくお願い致します。
直接info@famicomania.netまででもどしどしお便り下さいませ。
ただし、あまりにも非常識なメールは無視させていただく場合もあります。
ご了承下さい。(熱い想いが伝わるメールはだいたい返信させていただいてますよ。)
殆どのメールには返信していますが、これが本職ではないので、
常時メールチェックしている訳ではないので、
メールを頂いて返信するには数日要する場合があります。ご了承下さい。

このページについて

ハード系の改造や修理、自作パーツ等。

ゲームを楽しむ上で、
壊れたら自分で修理、
メーカーから与えられたそのままでは満足ならず自分なりにカスタマイズ、
無いモノは作れば良いだろ的な自作。

というかなりマニアックなコンテンツとなっております。

こちらも情報自体が古く、あまり実用的ではなくなってるネタも多々あります。

ただ、ピンアサイン等の資料、投稿作品など、残さなければならないコンテンツでもあります。

このコンテンツを参考に行った修理、改造、自作において起きました損害や事故など、
当方では一切保証いたしかねます。

あくまでも自己責任において実行して下さい。

SiteMap (Link)