FAMICOMANIAHardz - Reconstraction - → ファミコン本体 SFCコントローラコネクタ増設

  ファミコン本体
  スーファミコントローラコネクタ増設


FC外部拡張端子SFCコントローラ接続BOXを製作して、
コントローラのピンアサインを完全に把握したのと、
だったら元の本体から直出ししちゃおう...
という訳で、ファミコン本体のIコン、IIコンを、
スーファミコントローラ仕様でスーパーファミコン本体のように、
接続コネクタをファミコン本体前面に増設しました。

メリットやその他は、
FC外部拡張端子SFCコントローラ接続BOXの製作
に書いた通りで、今回はこの改造についてのメリットを...

○ FC本体付属のIコン、IIコンもそのまま使用可能。
○ 拡張端子非対応の初期ソフトもバッチリ使用可能!(←基板から直にジャンパー配線してる為。)

○ ツインアダプタとか無くても2つのSFCコンが使用可能。
  ファミコン本体前面にスーファミコントローラ接続コネクタを増設するだけです。
  拡張端子は潰れてしまいますが、
  D-Sub15ピン(メス)コネクタを使用して場所移動すれば使用可能。
  ↑これにより、FC外部拡張端子SFCコン接続BOXを併用すれば、
  3つのスーファミコントローラが使用可能(『もえろツインビー』等...)


といったトコロでしょうか。
やたらとFC外部拡張端子SFCコン接続BOXへの同一リンクが多いですね...(爆)
まぁ、この改造はその延長上にあるので...。
これだけリンクはってあるので、
ピンアサインやら細かい解説は省きます。(^^;)

まず、SFC本体を分解し、
コントローラ接続コネクタを取り外します。


フラットケーブルを外せば丸ごと簡単離脱。
コネクタ裏側に付いてる基板はそのままでOKです。(^^)

SFC本体を解体するには特殊ネジの為、専用のドライバーが必要です。
秋葉原(東京)や日本橋(大阪)の工具店で入手可能と思います。
ネット通販だと、i-TOOLSというお店、このページにて扱ってました。
または「スーパーファミコン 特殊ドライバー」等で検索すれば容易に入手可能です。


フラットケーブルをコネクタから抜いて外します。
(↑両面テープで付いてるフェライトコアも取っちゃいました。)
このコネクタが、ファミコン本体前面にキッチリハマるように、
ファミコン本体を切ったり削ったり...コネクタ側も一部カットしたり...
実はこの作業が一番大変でした。(@@;)
あまりに大変な為に作業中の撮影を忘れる位...な訳で画像なし...
すみません。m(_ _)m


こんな感じ...本体底面の赤いプラスチックは、
非常にパキパキと割れ易い素材なので慎重に作業して下さい。

コントローラ抜いたり挿したりとコネクタには負担がかかるので、
グラ付きや不安定な部分があったら工夫してガッチリ固定して下さい。
後々トラブルが起きないように...
次にファミコン本体基板から外部拡張コネクタを取り去ります。


ざっぱに足をニッパーでブチブチ切りました。(^^;)


このパーツはもぅ使いません。
(新たにD-Sub15ピン(メス)コネクタを使用しました。)

この時点でファミコン本体にスーファミコントローラコネクタと基板を仮組みし、
干渉していないのはもちろん、リード線などが通る余裕も確認して下さい。

大丈夫であればハンダ付けです。
ファミコン本体基板のコントローラコネクタ部分から、
各リード線をジャンパー配線します。


↑配線図はこうなります。
2P側はそのままストレートにジャンパー配線。
(基板側で1ヶ所余るのはIIコンマイクの部分です。(^^ゞ)
1P側はコネクタ左右が逆になってるんで全て逆転してます。
ファミコン基板側はハンダ付けする箇所が非常に狭く、
ハンダブリッジ及びリード線で非常にショートしやすいので、
リード線は被覆から出来るだけ短く芯線を出して、
ハンダも付け過ぎ無いように慎重に行いましょう。
スーファミのコントローラコネクタ側の基板はそのまま生きていますので、
2P側に付いてる赤LEDも光ります。
付け替えて前方に引き出して固定するとカッコイイかも。
(↑今回は改造っぽく青LEDにしてみました...青にする場合、抵抗を換える事。)

更に外部拡張端子を組みましょう。
外部拡張端子なんか使わない!!いらない!!面倒!!
という方はこのまま組み上げればOKでしょう。(^^;)

基板の拡張端子の部分からD-Sub15ピン(メス)コネクタにジャンパー配線します。


配線図...載せるまでも無いですね...
そのまま直結で配線してD-Sub15ピン(メス)コネクタを、
本体外部に固定すればそのまま外部拡張端子になります。(^^ゞ


これまたファミコン基板側はハンダ付けする箇所が非常に狭く、
ハンダブリッジ及びリード線で非常にショートしやすいので、
リード線は被覆から出来るだけ短く芯線を出して、
ハンダも付け過ぎ無いように慎重に行いましょう。
この部分は大変と言うよりも面倒...(^^;)


元々のIコン、IIコンコネクタを接続し、
全て配線したらあとは組み上げれば、
スーファミコントローラコネクタの増設改造は完了♪
これはビデオ出力改造もしてあります。(^^ゞ

本体の加工とか結構大変なのでスーファミコントローラコネクタは、
マルチタップから取ったモノとかこの配線さえわかれば応用がききます。
イロイロと工夫してみて下さい。(^^ゞ


このカバー...付ける予定でしたがちょっと無理でした。(^^;)
付けられるけど...かなり不恰好になってまぅ。(T^T)

それと...元々のコントローラももちろん使えますが、
コード邪魔なんだよ!! とか、IIコンマイクなんていらねぇよっ!!
っていう場合はSFCコントローラのみ使用と割りきって、
繋げないのも本体がスッキリして良いです。(^^ゞ



【追記】
2ちゃんねる掲示板、ファミコン改造スレより、
元々のファミコン純正コントローラと後付けで、
スーファミコントローラを繋ぐのは、
例えば同時にIコンを使用した時に、
信号がバッティングしてICが壊れる可能性がある。
との情報を頂きました。
両方接続は避けた方が良いとの事です。
同時使用しなければ問題無さそうですが万が一を想定して、
純正のIコン、IIコンは外した方が良いかもしれません。

尚、失敗して壊れたとか怪我したとか、
この記事を参考にして起こった事故・損害については、
当方では一切責任を負いません。
自己責任において実施して下さい。


[Next] → GENESIS3 リージョンコード切り替えスイッチ増設
[Prev] ← 旧赤白ファミコンAV出力化改造 その2 後期基盤での改造
[Back] ↑ Hardz - Reconstraction -

このサイト(ページ)は...

このサイト(ページ)はFAMICOMANIA内のコンテンツになります。
詳しくはトップページからご覧下さい。
閲覧Onlyであれば自由にお楽しみ下さい。
ありがとうございます。m(_ _)m
質問、意見、投稿、協力、お仕事の依頼、等々、色々お待ちしております。
その他規約等、トップページにありますのでよろしくお願い致します。
直接info@famicomania.netまででもどしどしお便り下さいませ。
ただし、あまりにも非常識なメールは無視させていただく場合もあります。
ご了承下さい。(熱い想いが伝わるメールはだいたい返信させていただいてますよ。)
殆どのメールには返信していますが、これが本職ではないので、
常時メールチェックしている訳ではないので、
メールを頂いて返信するには数日要する場合があります。ご了承下さい。

このページについて

ハード系の改造や修理、自作パーツ等。

ゲームを楽しむ上で、
壊れたら自分で修理、
メーカーから与えられたそのままでは満足ならず自分なりにカスタマイズ、
無いモノは作れば良いだろ的な自作。

というかなりマニアックなコンテンツとなっております。

こちらも情報自体が古く、あまり実用的ではなくなってるネタも多々あります。

ただ、ピンアサイン等の資料、投稿作品など、残さなければならないコンテンツでもあります。

このコンテンツを参考に行った修理、改造、自作において起きました損害や事故など、
当方では一切保証いたしかねます。

あくまでも自己責任において実行して下さい。

SiteMap (Link)