FAMICOMANIAHardz - Reconstraction - → GENESIS3 リージョンコード切り替えスイッチ増設

  GENESIS3
  リージョンコード切り替えスイッチ増設


ふと、メガドラのパチモノを起動確認しようと、
これまでメガドラパチモノならお任せあれ的存在だったGENESIS3だが、
なんとっ!!!!!!!


こんな画面で起動しないカセットが...

何の操作をしようがこの画面から全く進まないので、
思い切ってTwitterで投稿してみたら...

何人かのマニアな方々から速攻レスが...

リージョンコードアンマッチング

あれれれれ...いつ頃からかセガ系ハードはリージョンフリー化するしきたりがあった俺。
特にこのGENESIS3はそれまでの純正(?)メガドラ及びメガドラ2で起動しないパチモノがあったので、
それが起動するって事で購入した訳で...リージョンフリー...またはそのように自分で改造した。
と、思い込んでいた...メガドラ系最強ハードと勝手に思っていたのだが...その説崩れたり。

ちなみに↑画面で起動しないカセットは↓こちら。

ロックマン・メガワールド...なぜか帯的な所にGAME GEARって書いてあるけど気にしない。

“GENESIS3 リージョンコード”とググると上の方にこのサイト内のこのページが引っかかる。

Genesis3
海外版メガドライブ。
リージョンコード対策で購入。(^^;)


って書いてるし...純正メガドラとかメガドラ2で起動しないこれとかこれの為に買った記憶。

そんな訳でそこに更にリージョンコードにひっかかってしまったので、
皆様の速攻回答であったリージョンコードアンマッチ打開として、
リージョンコード切り替えスイッチを増設しました。

用意する部品はちょっとのリード線(3色あると良い)と、

3Pスイッチ...画像はスライドスイッチだけど、
3PのSWであればトグルスイッチでも何でもOKです。
GENESIS3本体に埋め込む(というか取り付ける)ので各自のセンスで。

では、まずは本体をバラしましょう。


本体を裏返して4ヶ所のビスを外します。
裏のステッカー...シリアルNoとか...
このGENESIS3ってのはSEGAではないSEGA承認のライセンス商品で、
MAJESCOから98年にアメリカだけで発売された、
メキシコ製のハードらしい。(どーでも良いか。)


ビスを外したら本体の上半分と下半分をパッカーンと。

完全防御してるこのシールド板的なのも外します。

こうなりますね!

ぇ?

え?

なってない?

基盤右上の印刷を確認して下さい...VA1の基盤の場合は...
ここを参考にしてみて下さい。

自分のがVA2の基盤だったので...ネット上でも資料が少なく...
凄ぇ苦労しました...

で、このVA2基盤はですね...この辺。

この辺をズーム。

更にズームして...

ここ...この2ヶ所にある小さな小さなホント小さなチップ抵抗(?)を除去します。

除去したチップ。ボールペンの先にあるコレね...ホントに小さいです。
大きさ2mmくらいですかね...ハンダの塊と区別がつかない...。
2ヶ所から丁寧に慎重に頑張って取り除いて下さい。

完全に除去出来たところでハンダとハンダがブリッジしてないか...要確認。
そしてこの細かい所へのリード線ハンダ付けとなります。


単純にこんな回路図になります。


基盤側...ハンダブリッジしないように注意です。

そしてスイッチ側にハンダですが...
自分は3Pスライドスイッチを内臓する為、本体左側(アダプタ等繋げる側)に

こんな感じで開口。

こんな感じで3Pスライドスイッチを固定しました。


全体的にこんな感じになります。

リード線を噛まないようにシールド板を取り付けて、

元通りに組んだら完成です。


起動しなかったカセットが切り替えによりちゃんと起動!

無事にリージョンフリー化しましたが、
SEGA承認のハードなのにちゃんと起動しないタイトルがあったり、
互換性の問題が出てくる辺り、結局互換機なのかなと。
とはいえコンパクトだしまだまだ使いたいハードなので、
これはこれと割り切るしかないかな。
次回、このハードはステレオ化(何故に後発でモノラル出力??)と、
出来たらS端子出力化かな...そして結局は純正メガドラメガドラ2を、
リージョンコード切り替えと高音質化に改造...ってのが...ねぇ。

このGENESIS3に話を戻すと、コンパクトになって凄く良いのに、
アダプターと映像・音声出力ケーブルが本体左側から出てるのが凄く残念。
コンパクトなのに複数のハード並べた時、左側のこのケーブル類が邪魔。
単体で見た時にはカッコ良いって思ったけどね。

ぁ、今回のこの改造、回路とか単純で物凄く簡単な改造ですが、
ハンダ付けする箇所が非常に細かくて小さくて...
中級クラス以上のハンダ付けの腕前は
必要かなと思います。


最初に書けよって感じですねすいません。

それではまた♪

2017・03・14 KUBOKEN

尚、失敗して壊れたとか怪我したとか、
この記事を参考にして起こった事故・損害については、
当方では一切責任を負いません。
自己責任において実施して下さい。


[Next] → ---→ Comming Soon!!
[Prev] ← ファミコン本体SFCコントローラコネクタ増設
[Back] ↑ Hardz - Reconstraction -

このサイト(ページ)は...

このサイト(ページ)はFAMICOMANIA内のコンテンツになります。
詳しくはトップページからご覧下さい。
閲覧Onlyであれば自由にお楽しみ下さい。
ありがとうございます。m(_ _)m
質問、意見、投稿、協力、お仕事の依頼、等々、色々お待ちしております。
その他規約等、トップページにありますのでよろしくお願い致します。
直接info@famicomania.netまででもどしどしお便り下さいませ。
ただし、あまりにも非常識なメールは無視させていただく場合もあります。
ご了承下さい。(熱い想いが伝わるメールはだいたい返信させていただいてますよ。)
殆どのメールには返信していますが、これが本職ではないので、
常時メールチェックしている訳ではないので、
メールを頂いて返信するには数日要する場合があります。ご了承下さい。

このページについて

ハード系の改造や修理、自作パーツ等。

ゲームを楽しむ上で、
壊れたら自分で修理、
メーカーから与えられたそのままでは満足ならず自分なりにカスタマイズ、
無いモノは作れば良いだろ的な自作。

というかなりマニアックなコンテンツとなっております。

こちらも情報自体が古く、あまり実用的ではなくなってるネタも多々あります。

ただ、ピンアサイン等の資料、投稿作品など、残さなければならないコンテンツでもあります。

このコンテンツを参考に行った修理、改造、自作において起きました損害や事故など、
当方では一切保証いたしかねます。

あくまでも自己責任において実行して下さい。

SiteMap (Link)