FAMICOMANIAHardz - Public Side - → PC-Enigine

  PC-Engine
  PCエンジン / PCE


1987年10月 定価24,800円
打倒ファミコンとばかりにNECから送り出されたのがPC-Engineである。

8Bitながら、ゲーム機としてはかなりのグラフィックで、
本体と同時発売だったR-TYPEの画面にはかなり驚かされた。

開発にハドソンが協力したらしくハドソンのソフトは当然多い。

メディアはカードタイプになっておりHuカードと名付けられているが、
HUDSONの頭二文字という説が有力。

本体もかなり小型でなかなかカッコ良いデザイン。

後からCD-ROMドライブが発売されたり、
携帯型が発売されたり、
とにかく色んなバリエーションのPC-Engineが発売される。

NECから発売という事もあり、
果てはPC-98と接続出来るキットも発売された。

かなり成功したゲーム機といえるだろう。
あの、非公認メーカー"ハッカーインターナショナル"が、
ファミコンからPC-Engineに乗り換えた位である。

ただ、一般的な盛り上がりが無くなって行くと共に、
一部の熱いマニア達の機種に移り変わり、
後発のソフトは18禁ギャルゲーのオンパレード…。

しかし、最盛期のソフトには良質なタイトルが多い。

ナムコやコナミのソフトも結構多いので、
80年代ゲーマーは見逃せないハードだったりする…。

[Next] → Sourrounding(周辺機器) → Satellaview (SFC)
[Prev] ← MEGA DRIVE 2 - メガドライブ2
[Back] ↑ Hardz - Public Side -

このサイト(ページ)は...

このサイト(ページ)はFAMICOMANIA内のコンテンツになります。
詳しくはトップページからご覧下さい。
閲覧Onlyであれば自由にお楽しみ下さい。
ありがとうございます。m(_ _)m
質問、意見、投稿、協力、お仕事の依頼、等々、色々お待ちしております。
その他規約等、トップページにありますのでよろしくお願い致します。
直接info@famicomania.netまででもどしどしお便り下さいませ。
ただし、あまりにも非常識なメールは無視させていただく場合もあります。
ご了承下さい。(熱い想いが伝わるメールはだいたい返信させていただいてますよ。)
殆どのメールには返信していますが、これが本職ではないので、
常時メールチェックしている訳ではないので、
メールを頂いて返信するには数日要する場合があります。ご了承下さい。

このページについて

オフィシャルなゲーム機本体や周辺機器のレビューをWebMaster KUBOKENがまとめてます。

ただねぇ...今更感が...強いですよねぇ。

今だとWikiもありますし...

という訳でこちらのレビューは1999年からの初期のFAMICOMANIAにて公開していた記事ほぼそのままで公開させていただきます。
※今読んでおかしい箇所等、軽い加筆訂正はしています。

詳しくはWikiの方を見た方がよっぽど細かく詳しく公開されてんじゃないかな。

こっちはもぅ自分の意見や思い入れなレビュー...読んでいただけたらありがとうございます。

SiteMap (Link)