FAMICOMANIAHardz - Reconstraction - → 旧SEGA SG系 JOYPADの製作

  旧SEGA SG系 JOYPADの製作


今回はファミコンと違って、今となってはかなりマニアックな懐ゲーハード、
セガの初代コンシューマ機のコントローラを作ります。

初代セガのマシンとは...

SG-1000
SG-1000II
SC-3000
SEGA MARK-III
SEGA MasterSystem

とまぁ、まだ互換機とかありますが、マスターシステム以前のセガハードです。
コントローラは全て完全互換となっていますので、
一つ作れば上記のどの機種でも使えます。

製作にあたって、メガドラのノーマル3ボタンコントローラ繋いだりしましたが、
MasterSystemでは問題無く動きました。
が、SG-1000IIでは何故か[→]が押しっぱなし状態...(@@;)
ちなみに連射機能付きをMasterSystemに繋ぐと、連射機能もバッチリ動作。
が、SG-1000IIではやはり[→]押しっぱなし状態。(@@;)

そんな訳で初代ハード全対応のコントローラを製作しましょう!!
まずは自分の操作しやすいコントローラを用意します。
十字キーとボタン2つ以上のコントローラがあればOKです。
今どき1ボタンのコントローラはあまり無いでしょう。
連射機能?...そんなんわかりません。(ーー;)

【注意的な追記】
米本 実さんからの情報で、ファミコン(純正)とかのコントローラは、
基板パターンが特殊な為そのままジャンパーしても動きません。(ーー;)
基板のパターンカットが必要だったりします。
という訳で初心者にはメガドラ系のコントローラ推奨します。(^^ゞ

そして、セガ系コントローラのコネクタを用意します。

↑こんなの...ですが、
D-sub9ピンコネクタでも代用出来ます。

この時代のコントローラは開けてビックリ(@@;)
構造も単純明快簡単です。
全てのキーがスイッチング配線になってるだけ!

コントローラは上下左右の十字キーとボタン2つの簡素な構成だし、
ハンダ付けが出来る程度の方なら誰でも出来ます!

今回はメガドライブ用のコントローラ(3ボタンパッド)を初代セガ用にしました。

最近のコントローラはゲーム機本体から電源が供給されてて、
必ずと言っていい程ICチップが搭載されています。
(ファミコンでもそうなっています。)


今回使用するメガドラ用3ボタンパッドもチップが搭載されてますので、
これを除去します。


抵抗とかも全部、綺麗さっぱり外しました。
抵抗はニッパーで足をもぎ切り、ICチップはハンダ吸い取り線で取りました。

あとは十字キーの↑↓←→とボタン1と2、GNDの計7本の線を、
ジャンパー配線するだけです。


ピンアサイン。
↑の配線を参考にしてそれぞれ基板上のキーにジャンパー配線してくだけです。
基板上のパターンをちゃんと追って行って、
基板裏面の最適な位置にハンダ付けしましょう。


こんな感じになりました。
ケーブルはメガドラ用のをそのまま使った為、線が2本余りました。(^^ゞ

普段MasterSystemでプレイしてれば良いのですが、
MARK IIIとかを使用している方にはコントローラが入手困難な今、
簡単お手軽に出来る有効的な改造では無いでしょうか?




尚、失敗して壊れたとか怪我したとか、
この記事を参考にして起こった事故・損害については、
当方では一切責任を負いません。
自己責任において実施して下さい。


[Next] → 旧SEGA SG系 JOYPADの製作《番外編》米本 実氏による投稿作品
[Prev] ← GAME AXE用AV入力ケーブルの製作
[Back] ↑ Hardz - Reconstraction -

このサイト(ページ)は...

このサイト(ページ)はFAMICOMANIA内のコンテンツになります。
詳しくはトップページからご覧下さい。
閲覧Onlyであれば自由にお楽しみ下さい。
ありがとうございます。m(_ _)m
質問、意見、投稿、協力、お仕事の依頼、等々、色々お待ちしております。
その他規約等、トップページにありますのでよろしくお願い致します。
直接info@famicomania.netまででもどしどしお便り下さいませ。
ただし、あまりにも非常識なメールは無視させていただく場合もあります。
ご了承下さい。(熱い想いが伝わるメールはだいたい返信させていただいてますよ。)
殆どのメールには返信していますが、これが本職ではないので、
常時メールチェックしている訳ではないので、
メールを頂いて返信するには数日要する場合があります。ご了承下さい。

このページについて

ハード系の改造や修理、自作パーツ等。

ゲームを楽しむ上で、
壊れたら自分で修理、
メーカーから与えられたそのままでは満足ならず自分なりにカスタマイズ、
無いモノは作れば良いだろ的な自作。

というかなりマニアックなコンテンツとなっております。

こちらも情報自体が古く、あまり実用的ではなくなってるネタも多々あります。

ただ、ピンアサイン等の資料、投稿作品など、残さなければならないコンテンツでもあります。

このコンテンツを参考に行った修理、改造、自作において起きました損害や事故など、
当方では一切保証いたしかねます。

あくまでも自己責任において実行して下さい。

SiteMap (Link)