FAMICOMANIAHardz - Wrong Side - → Super UFO 8.5j (SFC)

  Super UFO PRO 8.5j (32MB)
  スーパーファミコン用マジコン
  スーパーUFOプロ 8.5 日本語版32Mbitモデル


今では悪名高き響きになってしまいましたね...

マジコン。

DSのマジコンにより瞬く間に世に広まったマジコンですが、
もっともっと前にマジコンは存在していました。
それこそ、インターネットがまだ普及する前から。

自分が初めて手にしたスーパーファミコンのバックアップ機(通称マジコン)です。

スーパーファミコン本体と接続し、ROMカセットをそのまま3.5インチのフロッピーに落とせます。
(自分のは32MBまでの容量が落とせます・・・増設も出来るらしいですが、謎です・・・(-_-;))
フロッピーに落としたらROMカセットは箱にしまい、大切に保管します。
遊ぶ時はフロッピーから読み込ませればいい訳です。

スーパーファミコン版の(高機能な)ディスクシステムって感じです。


フロッピーの挿入が右側面で、
ちょい使いづらい・・・のでスーファミ本体に電源スイッチを増設。
横向きにして使ってます。

バッテリーバックアップ(SRAM)のセーブデータもディスクに保存可能。
ゲーム中、通常ではセーブ出来ない場面での保存(ゲーム中どの場面でもセーブ可能)が可能で、
保存した場所から再開出来るという“レジューム機能”も付いてます。
これはかなり便利です。セーブ機能が無いゲームとか、
シューティングでボス寸前から始められたりとか。

他にも画像保存機能や、チートコード(改造で残機255機とかレベル99とか・・・。)使用可能。
SRAM、DRAMメモリダンプ機能でキャラ書き換えやセーブデータ書き換え、
“.mag”、“.bmp”画像をスーファミ本体で表示させる事も可能です。
使いこなせばスーファミのソフト開発も出来る位のスペックです。


UFOのGUI、ディスク管理の画面です。
フロッピーは通常(?)の1.44MB(2HD)でもフォーマット可能なので、
このフォーマットを使えばPCで読み込ませる事が出来るのです。
当然、エミュレータにも使用可能。(エミュレータによってはファイル変換が必要。)
解析も容易に可能となります。

ちなみに、“ドラゴンクエスト6”をフロッピー(1.44MB)に落とすと4枚になります。
“ドラゴンクエスト6”って32MBじゃないの?...という今更な質問に答えます。
ファミコンやスーファミで言うところのM(メガ)はメガバイトではなくメガビットです。
単位が違うのです。1Mbit=128Kbyte になるので、32Mbitは約4MByteになります。
フロッピー1枚に8Mbit分が記録出来るので4枚に収まってしまうんです。
初期の頃のタイトルは4Mbitが多かったのでフロッピーに2タイトル入ります。


UFOは初心者(?)でも解りやすいGUIで、操作方法も簡単。
日本語表示が選べるってのはポイント高いです。(他はEnglishと中国語)
BGMも心地よく、操作してて楽しいです。
ただ、コントローラのBボタンが「決定」になっているので、
そこだけがちょっと戸惑います・・・。


UFO本体内部は、DSPチップを入れられる様になってます。
これでDSPチップが必要なタイトルも動くようになるらしい・・・。
(実際に確認してないのでまだ解りません・・・。)

これでCD-ROMが接続可能になれば完璧です・・・。
未だにCD-ROMシステム発売されませんねぇ・・・待ってんだけど・・・。
(もぅ出ないよなぁ・・・多分。)


ビデオプリンターでラベル作成してバックアップしたフロッピーに貼り付け。
イイ感じです。
(鶴見 和昭氏のアイディア。)

[Next] → SPECIAL PARTNER (SFC)
[Prev] ← Mainframe(本体) → Good Boy (GB型FC)
[Back] ↑ Hardz - Wrong Side -

このサイト(ページ)は...

このサイト(ページ)はFAMICOMANIA内のコンテンツになります。
詳しくはトップページからご覧下さい。
閲覧Onlyであれば自由にお楽しみ下さい。
ありがとうございます。m(_ _)m
質問、意見、投稿、協力、お仕事の依頼、等々、色々お待ちしております。
その他規約等、トップページにありますのでよろしくお願い致します。
直接info@famicomania.netまででもどしどしお便り下さいませ。
ただし、あまりにも非常識なメールは無視させていただく場合もあります。
ご了承下さい。(熱い想いが伝わるメールはだいたい返信させていただいてますよ。)
殆どのメールには返信していますが、これが本職ではないので、
常時メールチェックしている訳ではないので、
メールを頂いて返信するには数日要する場合があります。ご了承下さい。

このページについて

あやしくて思わず笑ってしまうモノから、驚きの周辺機器まで、 アンオフィシャルなゲーム機本体や周辺機器のレビューをWebMaster KUBOKENがまとめてます。

こちらも...今更感が...強いです...が、

この辺はあまりWikiを頼る事も出来ないんじゃないかなと。

という訳でこちらのレビューは1999年からの初期のFAMICOMANIAにて公開していた記事を加筆訂正し公開させていただきます。
まだまだ紹介したいアイテムもたくさんあるので順次更新していきます。

かなり自分勝手にレビュってますのでよろしくお願い致します。

SiteMap (Link)