筐体導入記→STAGE13 -ゲーセンの椅子 PART II- 200816


STAGE 13
 -ゲーセンの椅子 PART II-
ゲーセンの椅子2脚をリフレッシュ♪ 〜張り替えのススメ〜


ゲーセンの椅子(1個目)を入手してからおよそ3ヶ月。



その間に無事2脚目も入手し、



2台のアストロに2脚並んで完璧なのでした...が、が、が、

2脚とも中古現状で...格安で入手してるので、程度は悪いです。
1脚はタバコの焦げ跡とかあるし。

そこで今回はこの2脚のゲーセンの椅子をリフレッシュ致します♪

まーずーはー、、、

知らない人はいない(であろう)生地のしゃりま

なんとっ!バーゲンセール中♪

様々な生地の中、紅型とか面白いかも...とか色々想像しますが...

まともな(?...それっぽい良い感じ)の買って来ました。

似たような生地が大量...色とりどり...
そしてこれまたピンキリ...1ヤード3,000円かー

生地屋さんで生地買うの初めてなんだけど...
1ヤード単位ってのが普通なんですかね???
沖縄ならではなんですかね???

---謎---

っと、あれ...こっちの青いのが1ヤード693円...

レジに持ってくと1ヤードの半分(約45cm)から販売との事。
(45cmあれば2脚張り替えで充分...というか丁度良い。)
半分なので...半額...



驚きの346円...346円て!

あまりの安さに、借りようと思ってた、



タッカーも買っちゃいました...950円...950円て!

それと前回同様に脚カバーももちろん交換。




こちら。1脚目とは違うのを装着したけど、



これはワッシャーが入ってて頼もしく安かったです。

実はこの2脚のゲーセンの椅子、メーカーが違くて、
仕様がちょっと異なってる(スタック出来ない)けど、
メインパイプは両方同じ19mmなので、
ゲーセンの椅子に装着する椅子脚カバーは19mm買えばだいたい合いそう。



そして、シート部分を外して生地を張り替えます。
張り替えというか、古いやつの上から貼っちゃいます。

ちなみに前述の通りメーカーが違うのでシート部分の固定方法が違って、
1脚はナット×2個、もう1脚はビス×4本で固定されてました。



生地の余白を確認してタッカーで打っていきます。



コーナーはこんな感じで引っ張って打つと綺麗に仕上がります。
(※引っ張り過ぎないように注意!)



タッカーを打つ間隔は適当です...どれ位が良いのかは...わかりません。



2脚分のシート張り替え完了♪

なんというか...見事な昭和感が...ね。

ここまで来たらフレーム部分も錆を落として綺麗にしましょう!



そのまんまの中古なので結構な錆が。



磨くとここまで綺麗になります。

水ぶっかけて、



これでサササッとまんべんなく磨けば、
(ダイソーで100円です...コスパ最強!)
錆が落ちて光沢が甦りかなり綺麗になります。



これが、



こんな感じに。



こんなとこも、



こんな感じに綺麗になります。

水分が残ってるとまた錆の原因になるので、
綺麗に拭きあげて、シートを装着します。



もう新品のようにピカピカ☆になりました。

見事な昭和感もたまらなく気に入り★


Go To Next STAGE

→ STAGE14

 -コンパネ 2L12B-


Return to the previous STAGE
STAGE12 -電源修理(改造?自作?)- ←


筐体導入記→STAGE13 -ゲーセンの椅子 PART II- 200816