筐体導入記→Ex STAGE11 -PANDORA SDカード読み書き- 201106


Extra STAGE 11
 -PANDORA SDカード読み書き-
取り扱い注意です。


 あくまでも考察及び「こんな物があるよ」という紹介です。
 推奨している訳ではありませんので、
 この記事によって発生したトラブルにおいて当サイトは一切責任を負いません。 
 手を出す場合は完全自己責任でお願い致します。


ここでこの記事書くのはおかしくね??

じゃあどこで書くの??

ここでしょ!!

ってなったのでここで書きます。

そもそもラズベリーパイの記事を書こうとしてて、
それに付随する記事なので、
それを早く書いてアップしてりゃこんな事に...

という状況ですすいませんごめんなさい。

とりあえず参考までに...という参考までに...な記事を書いてきましたが、
各パンドラにだいたい入ってるSDカードをバックアップ...
そう、参考記事なのでバックアップとか普通無いよね。

という事で、参考までに、こんな風にバックアップ出来ますという記事です。
※このSD、Linuxでimgファイルで...って感じでPC(Win/Mac)で読めない書けない。

Windowsで、あくまでも参考までに。ね。
検索すれば色々出てきますが...ね。

前置きが長くなりましたが、
Win32 Disk Imagerというフリーソフトを使います。

1.Win32 Disk Imagerというフリーソフトを落とします。
 ↓
2.インストールします。


●任意の場所に.imgファイル(中身は空の.txtファイル)を作成します。

3.メモ帳を起動。
 ↓
4.名前を付けて保存
 ↓
5.任意の名前.imgで保存。(バックアップファイルになるのでその名前で)
※.txtで保存して後から拡張子を.imgに変更してもOK


●MicroSD(またはSD)カードをPCに接続します。

6.バックアップしたいMicroSD(またはSD)カードを、
 リードライターを使ってPCに接続。(おそらくUSBですね)


これで準備はOKです。

Win32 Disk Imagerを起動します。



Image File に作成した.imgファイルを指定。
DeviceはMicroSD(またはSD)カードのドライブ




例として↑こんな感じです。

[Read]をクリックすればバックアップが始まります。

この.imgファイルがSDカードから吸い出した.imgファイルになります。

完了したらバックアップファイルが作成されました!!

逆に!!

空のMicroSD(またはSD)カードをリードライターで接続し、



例として↑こんな感じです。

[Write]をクリックすればバックアップした.imgファイルが、
MicroSD(またはSD)カードに書き込まれます。

[Read]と[Write]を間違うと、
取り返しのつかない事になるので注意!!


バックアップをとったら、そのファイルをコピーして、
バックアップのバックアップもとっておいた方が良いでしょう。

ちなみにRaspberry Pi(Retropie)のMicroSDカードも、
全く同じ方法でバックアップがとれます。

以上...ササッと必要最低限の説明でしたが、
これで出来なかったら、あまり触らない方が良いかと思われます。

ひとまずこれで禁断の書は一旦終了となります。
長々とお付き合い頂き誠にありがとうございます。
読んで面白かった。参考になった。役に立った...などなどあればありがたいです。

Next STAGEは筐体管理シーズン2になります。
ちょっとグレーゾーンなネタもあったりなかったりです。

今後ともよろしくお願い致します。


Go To Next STAGE

→ STAGE22

 -ブラウン管モニタの調整-


Return to the previous STAGE
Extra STAGE10 -PANDORA BOX DX- ←


筐体導入記→Ex STAGE11 -PANDORA SDカード読み書き- 201106