筐体導入記→STAGE21 -ダウンスキャンコンバーター接続方法- 201030


STAGE 21
 -ダウンスキャン接続方法-
リクエストにお応えしてより詳しく解説!!


以前、PAND〇RA'S BOXの画面(VGA 31Khz)を、
アストロシティに映す為にダウンスキャンコンバーターを接続する。

という記事を書きました...が、

この、ダウンスキャンコンバーターの繋ぎ方を詳しく教えてくれ!
とのリクエストを何通かいただきましたので細かく解説しようと思います。

これがあればアストロシティにPCやゲーム機なども映す事が可能になるので、
あっても損はしない機器だと思います。

ハンダ付けの作業もある(場合によっては無い)ので、
ある程度の電子工作スキルは必要です。
そんなに難しくは無いので初心者でも大丈夫だとは思います。



こちらのダウンスキャンコンバーターを使います。

VGA CGA ダウンスキャンコンバーターで検索すると色々出て来ます。

その中に出てくるGBS8100というのがコレです。
(ならばはなっからGBS8100で検索と書けば良いでは。www)

ショップによって値段が様々です...

丁寧な説明書とケーブルなどの付属が確実で信用出来るのは、
やはりKVC lab.だと思います。
この商品ページにわかりやすくスペック詳細書いてあるし。
ショップによっては説明書もケーブルも付いてこなかったりするので注意。


このダウンスキャンコンバーターは、D-Sub15ピンから入力された31Khzの映像を、
ビデオ(RCA端子)、S端子、RGB(15Khz)で出力します。
ビデオ出力、S端子出力で使う場合は5Vの電源があれば簡単に接続出来ます。




ざっくり全体的にこんな感じです。
ちなみに複数(ビデオ端子とS端子とか)の同時出力は出来ません。



アストロシティで使うのはこの部分です。(3ヶ所)
JAMMAハーネスに加工が必要となります。

※作業の際は必ずアストロシティ(本体)のコンセントを抜く事!!

部品面の12、13、14番と、
ハンダ面のNとPの全部で5本のケーブルをほど良きところ(?)で切断します。



どの線が何の線かわかるようにタグを付けてます。(R、G、B、GND、Sync)
※画像ではストリッピングされてますが被覆を剥く必要はありません。



JAMMAコネクタ側の線は絶縁処理します。(※使わないので短絡防止。)
※自分は熱収縮チューブを使用しています。(※ビニテはベタベタになるし。)

そして反対側の5本のケーブル(筐体側の方)を、
ダウンスキャンのコネクタ(ケーブル)と接続します。

12 VIDEO R
13 VIDEO B
14 VIDEO GND
N VIDEO G
P VIDEO Sync
この5本がビデオ信号になっています。
(※12、N、13が映像信号のRGB出力になってます。
そのまんまのケーブルになってる事が多いと思います。)



このコネクタのケーブルとそれぞれ接続します。
ケーブルは色どおりで、
赤→R、緑→G、青→B、黒→GND、白→Syncになっています。

自分は簡単に元に戻せるようにハンダ付けは行わず、



特殊なカプラー(?)を使って結線しています。
お馴染み(?)WAGOのWF-2BPという圧着いらずワンタッチ結線という優れモノ。

Amazonの商品ページに飛びますので購入の際はこちらで...(^^;)※アフェです。

このWAGOのWF-2BPで繋げば簡単に元にも戻せるしかなりオススメです!

この5本のケーブルを結線したら映像信号の接続は完了です。

あとは5Vの電源をダウンスキャンコンバーターに供給です。



電源ボックスから簡単に5Vがとれる場合は、



このケーブルに5VとGNDをそれぞれ結線すれば良いです。
ケーブルの赤が5Vで、黒がGNDです。(センタープラス)
※DCなので5VとGNDを間違えない事!!...間違えると壊れます。

アストロシティの元々の電源ボックスからだと簡単に5Vはとれないので、
自分はJAMMAコネクタの1、2、A、BのGNDにケーブルを1本追加でハンダ付け。
3、4、C、Dの5Vにケーブルを1本追加でハンダ付けして電源を取りました。
※DCなので5VとGNDを間違えない事!!...間違えると壊れます。



ホットボンドで絶縁しています...ちょっと雑ですねスイマセン...。

これで全ての結線が完了しました。

DC5VのケーブルとRGBのコネクタ(平べったい5Pin)を、
ダウンスキャンコンバーターに挿し、
映したい本体(ゲーム機本体やPAND〇RA B〇Xなど)のVGA出力を、
ダウンスキャンコンバーターのVGA入力に接続。



そしてJAMMA端子をPAND〇RA本体に接続。

アストロシティの電源を入れれば...



ちゃんと映るはず。

映らなかった場合はすぐに電源を切って誤配線チェックして下さい。
最悪発火する可能性もあるので、慎重に作業して下さい。

微調整はアストロシティ側で調整もできるし、
このダウンスキャンコンバーターでも調整出来ます。



下3つのスライドスイッチは、
ZOOM(自分の環境だとONにしています。)
NTSC(日本国内だとNTSCです)
RGB(RGB接続しているので)
に合わせて下さい。

個体差にもよるのですが、極稀に画面にジワジワとノイズが出る事があります。
この時はZOOMのスライドスイッチをOFF→ONにすると消えます。

MENUボタンを押すと、画面にメニューが表示されます。



Up、Downボタンで項目選択、Left、Rightボタンで調整出来ます。
アストロシティコンパネ内の調整を併用すれば細かく調整出来るはず。

以上でダウンスキャンコンバーターの接続は完了です。

これでアストロシティが機能拡張されました。
PCも接続可能(なはず)だし、最新ゲーム機もVGA出力で画面は映せる。
あとはコントローラをどうするか...だけなので余裕ですね。

PC、XBOX360、ラズパイ等をアストロシティに入れてみる計画があるので、
その時はまた詳細記事をUPします。

それではごきげんよう!!

 当記事を参考に作業しての物の破損、
 ケガなどは一切責任を負いません。
 完全自己責任において行って下さい。

 くれぐれもケガに注意をして作業を行って下さい。 


この記事にて、Management(筐体管理)は一旦終了となります。
続いて、ちょっとだけダークサイドな禁断の書が始まります。
EXTRA STAGEとなっておりますが...
怒られるアイテムを参考程度にまとめていきますので、
興味があればよろしくお願いします。

それがひと段落したら...
Management(筐体管理)のシーズン2が...はじまる...のか!?

Go To Next STAGE

→ Extra STAGE00

 -危険!!手を出すべからず!!-


Return to the previous STAGE
STAGE20 -ゲーセンの椅子 PART III- ←


筐体導入記→STAGE21 -ダウンスキャンコンバーター接続方法- 201030